・資料請求ページを変更しました

スポンサードリンク

 マンションの資料請求ページですが、大幅にリニューアルしました(見た目は同じですが…)。以前は物件ごとに紹介していたのですが、販売期間が終了してしまうたび更新しなければならないため、管理が大変でした。今回は、リンク先が最新の情報を掲載しているので常にフレッシュな物件と相場情報をご確認いただけます。また、私自身販売に関わったことがないため掲載していなかった中古マンションについても取り扱うことにいたしました。物件は勿論、相場を確認するだけでも有意義と考えたからです。前回同様東京23区内のマンションに限っておりますが、無料で資料請求もできますので是非ご利用下さい。

東京都内 東京23区の新築・中古マンション 相場と販売価格

 資料にはマンション雑誌や新聞広告に書かれていない情報も多く(金額、間取り、設備、コンセプト等)、お目当ての物件については皆さん既に資料請求されているかもしれません。が、もう一つ私のオススメは、購入を検討している物件以外に「高めのマンション」を資料請求してみること。「高め」といっても極端に高い特殊な物件ではなく、一例を挙げれば東京都内の新築マンションなどですが、物件に付随する設備やセキュリティ、サービスをチェックしてみるのです。書かれている中に、ご自分の知らない便利な設備やセキュリティ、サービス等がないでしょうか?

 そういった最新の機能やサービスの中で「これは便利」「こんなサービスがあったら安心だな…」という点を「マンションに関する知識」として頭に入れておく→マンション選びのチェックポイントにしてしまうのです。

 もっとも、優れた設備やセキュリティ、サービスを持ったマンションが高額なのは事実。そこでチェック項目を頭に入れた上で、お目当てにしているマンションに同様の機能・設備、サービスかあるか? 無い場合、どういった手段で代用が利くか? あるいは、個別に導入・契約することが可能か(その際、費用がいくらくらいかかるか)等、今まで気付かなかったポイントを検討できると思います。

 こういった高額物件に付随する機能やサービスを「手が届かないんだから、最初から見ない方がいいよ…」と思う方も多いでしょう。が、人間心理というのは不思議なもの。後になってから知ると、「こんなサービスがあるとは知らなかった。あればこのサービスのあるマンションを選んでいたよ」とか、「当時の物件には、そんな機能がなかった。もうちょっと待てばよかった…」などと、自分が選んだ物件に「後悔」が生まれてしまうのです。

 購入時にチェック・十分検討していれば、希望する機能・サービスを持ったマンションをチョイスできたり、サービスが無くともそれに近いサービスを入居前に探せたりします(最初から諦めて割り切ることもできます…)。最新マンションの無料資料請求で、金額や間取りだけでなく、「住まいの便利な機能」「最新のセキュリティ」「暮らしに役立つサービス」を頭に入れておいて損はないでしょう。

東京都内 東京23区の新築・中古マンション 相場と販売価格