・マンション 実際に機能するセキュリティか?

スポンサードリンク

 マンションの入り口や各階に「オートロック」がある、あるいは管理人がいたり防犯カメラがあるからといって、セキュリティが万全とは言えません。中には厳重なシステムのものもありますが、現実的に人の出入りがどのように管理・監視されているか? マンション選びの重要なチェックポイントの一つでしょう。

 そもそも、マンションという場所にはたくさんの人が生活しており、訪れる人も多くいます。当のマンションに住んでいる本人や家族は勿論、たまに訪れる家族、親族、友人。さらに管理関係者や工事、宅配など仕事上訪れる人も。

 これらの人々が出入りする際、オートロックのある場所やフロントなどを通過するわけですが、考えてみるとかなりたくさんの「第三者」が出入りしているとお分かりいただけるでしょう。ごくごく限られた人や、自分の関係者だけがマンションに入ってくるわけではないのです。そして、セキュリティを売り物にしているマンションでも、簡単に他者が入れてしまうマンションとそうでないマンションが存在しています。

 以前、某報道番組で見たところによれば、ある泥棒は「オートロックのあるマンションを狙った」「セキュリティを売り物にしているマンションを狙った」という話をしていました。例えば共用部にオートロックのあるマンションには、玄関や窓の鍵が掛かっていない世帯が必ずいくつかあったそうです(まだ「共用部のみオートロック」という物件も意外とあります)。

 また、オートロック自体も誰かの後をつけて入ったり、非常階段や非常口、窓などから侵入することで簡単に突破できたとの話。「オートロックがあるから…」「セキュリティを売り物にしているから…」という安心感が、逆にマイナスになるケースも多いのです。

 勿論、簡単なセキュリティシステムでも、無いよりはあった方が良いでしょう。しかし、オートロックにしても防犯カメラにしても有人管理にしても、果たしてそれが「お飾り」ではなく現実的に強い効果のあるものかどうかを確認しておくのは大切なことだと思います。