・収納家具は置かないものと考える

スポンサードリンク

 マンションにおいて、収納場所は多いに越したことはありません。が、少ない場合はタンスやラックといった収納家具を置いてそこに物を収納することになるでしょう。

 ただ、マンション購入~入居後、非常に苦労するのが「家具のレイアウト」。大型家具は勿論、家電製品なども配置しなければならず頭の痛いところです。しかも、マンション入居後の不満で最も耳にするのは「思ったよりも狭い」という意見。その上で家具を配置しようとするのですから、部屋はさらに狭くなってしまいます…。

 収納家具を置けるスペース(障害物や電源のない壁面等)があるかどうか、間取り図を見ながらレイアウトしてみるのは大切です。しかし、それ以前に「最初から収納家具は置かない」と考え、その物件の純粋な収納能力を知っておくのも重要なチェックポイントの一つ。元々ある収納場所で足りるかどうか? 足りない場合は、どのくらいの荷物を収納家具に入れなければならないのかがザッと見えてきます。

 現実的には、生活する上でいくつかの収納家具は置かなければならないでしょう。人によって違うと思いますが、荷物というのは生活と共に増えていくものです。しかし、当然ながら家具を置いていけばその分部屋は狭くなってしまいます。

 できれば、部屋は広く開放的に使いたいもの。ただでさえマンションの部屋は狭く感じることが多いので、とりあえず収納家具を置かないものと考え、その物件に元々ある収納スペースで荷物が収まりきるかどうかチェックしてみるのも有意義でしょう。