・間取り 1畳のサイズ

スポンサードリンク

 マンション購入後の不満で最も多いのは「考えていたよりもちょっと狭い」という意見です。これは、本当に何度も耳にしてきました。

 これには考えられる原因が1つあります。マンションの間取り図を見ると「6畳」「10畳」などと部屋の大きさが書かれているわけですが、この「畳」という表記、思っているほどアテにならないのです。

 これは極端な話ですが、例えば300mm×600mm程度の小さな畳があるとしましょう。これを数えるとしたら、一応「畳1枚」~つまり、小さな畳でも「1畳」です。

 勿論、実際の間取りでこのようなサイズを1畳に数えることはありません。マンションにしても戸建にしても、こんな小さい畳を1畳の単位にしてはお客さんから怒られます(笑)。

 では、1畳の大きさがどのくらいかというと、実は正確に決まっていないのです。1畳と言えば、3尺×6尺(910mm×1820mm)が大体において基準にはなっているのですが、マンションにおける1畳は通常の1畳よりわずかに「小さいサイズ」の場合もあるので注意が必要。ほんの少し小さいだけでも6畳なら6畳分ミニサイズということですから、マンション入居後「あれ、6畳ってこんなに狭かったっけ??」ということになりかねません。

 マンションを購入しようとする際は、表記されている畳のサイズがどのくらいか、今お住まいの家で使われている畳(あるいは、部屋の広さ)と比べてどうかを必ずチェックして下さい。図面からサイズを見ても分かりますし、担当者に確認してみるのもマンション選びにおいては大切なポイントでしょう。